本文へスキップ

高橋医院美容皮膚科は、日本一丁寧で、安い、親切な美容皮膚科を目指しております。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0982‐45‐2320

高橋医院美容皮膚科

スキンケアーの基礎

すっぴんで勝負できる、素肌美人になるための日々のスキンケア―

インターネットや、化粧品コーナーで、この美容液が良い、あの乳液がいいと、どれを選ぶか迷う方も多いと思います。

美容皮膚科のホームページを見ても、ピーリング、Qスイッチレーザー、レーザートーニング、いっぱい書いていて、何から始めて、自分は何を選べば良いかわからなくなっていませんか?

美容皮膚科的施術は、トラブルを抱えている肌に、大なり小なり、一旦ダメージを与え、その後の自己治癒能力を最大限に引き出し肌を改善させる治療だと考えていただけたら良いと思います。                            一旦ダメージを与えますので、基本的なスキンケア―ができていないのに強いお薬や施術はトラブルのもとです。

お肌のトラブルの主な原因として挙げられるのは、毎日自然に浴びている紫外線です。まず紫外線からお肌を守ることが、正しいスキンケア―を始める事の第一歩なのです。                最初に準備すべきものは。

サンスクリーン剤(日焼け止め SPF90 PA+++以上)です

 次に大切なものは、お肌をいたわるための基礎化粧品が必要になります。
10%ビタミンC+セラミド配合化粧水

1%COQ10+5%ビタミン配合美容液

Tクリーム(シミ取り化粧品)

プラセンタ入りクリーム


 その次に大切なものとして、内側からビタミンなどの補充が大切です。
皮ふトラブルの改善剤(ビタミン剤、漢方など)


 以上のスキンケア―が出来た上で、美容皮膚科的な治療を開始する事が大切です。
プラセンタ注射

PDT光線療法

レーザートーニング(しみ)

レーザーによるリフトアップ(しわ、小顔、ニキビ)


 それでも取れないしみには。
Qスイッチレーザー

 いきなりQスイッチレーザーを当て、日々のスキンケア―をしないと炎症後色素沈着が起き治療前よりかえ って濃くなってしまいます。(Qスイッチレーザー後の炎症後色素沈着はレーザー前後のスキンケア―にか かっていると言われています)
 そのため、当医院ではたっぷりお肌をいたわっていただくように、日々のスキンケア―用の化粧品を院内調 剤し、お安く提供しています。
 最後に取れきれなかったしみのみQスイッチレーザーで処置するようにすれば、Qスイッチレーザーの使用 範囲も少ないので、炎症後色素沈着などのトラブルも最小限に抑えられますし、何と言っても、Qスイッチ レーザーの範囲が少ない分治療費の節約(トーニング5回終了後はQスイッチレーザーは半額)のつながる と思います。
 それでも取れない場合は
フラクセルレーザー

 をされるとよいと思います。
 

日々のスキンケア―の実際の手順について


@  洗顔(泡で洗うように、皮ふをこすらない、丁寧に)
A  10%ビタミンC+セラミド配合化粧水
B 1%COQ10+5%ビタミンC配合美容液
C プラセンタ入りクリーム
D サンスクリーン剤(日焼け止め)
E お化粧 仕上げ


@ 洗顔(泡で洗うように、皮ふをこすらない、丁寧に)
A 10%ビタミンC +セラミド配合化粧水によるイオン導入(イオン導入器の購入必要)
B 1%COQ10+5%ビタミンC配合美容液
C プラセンタ入りクリーム
D お顔全体とシミの部分のみTクリーム
美容は毎日の積み重ねです、スキンケアーの基礎、一緒に頑張りましょう!
このページのTOPへ

newpage8.htmlへのリンク